2008年05月12日

加圧トレーニングとのコラボレーション

《加圧トレーニングとの組み合わせについて考える》

最近加圧トレーニングの施設が増加してきました。
もちろん私も加圧トレーニング(准)統括指導者として、加圧トレーニングインストラクターの養成にも力を入れているのですが、 どうも最近の傾向として加圧トレーニングの本来のトレーニングの形から乖離したサービスを提供する施設が増えている傾向にあるようです。

確かに加圧トレーニングは色々な活用方法があり、一般の健康維持を目的とするウォーキングや様々な種目、 またトレーニング器具とのコラボレーションが考えられます。
ところがウォーキングを例にとると、加圧ベルトを下肢に着けてただ歩くだけと、 下半身全体を使えるような正しいフォームや方法でウォーキングするのとではその効果にかなりの違いが出てきます。 (例のクネクネ歩きは問題外)

また加圧トレーニングとして、様々なトレーニング器具や用品を使用する際には、 加圧トレーニングと併用する事でその効果を増強できるものもあれば、 加圧トレーニングの持つ本来の効果を落としてしまう可能性もあると言う事を考える必要があります。

そう言う場合は適正な加圧トレーニングの後でその器具を使用するとか、反対にその器具を使用してから加圧トレーニングをするなど、 加圧トレーニングの効果を最大限に引き出す為の可能性について充分に検討する必要が出てきます。

確かに加圧トレーニングとのコラボレーションで、従来に無かった効果が出ると思われるトレーニング器具や用品もあるようですが、 それとて加圧トレーニングに熟知するだけではなく、 その器具の使用法やそのトレーニングの方法自体も熟知していなければ大きな効果は期待できません。

私の施設では、やはりその人にあった適正な圧力と適正な不可で筋力トレーニングを行う事を基本に置き、それぞれの競技や種目、 或いは利用者のニーズとウォンツにできるだけ添えるように考えた上でサービスを提供していますし、 またインストラクター養成の際にも留意しています。

今は場所によって、加圧トレーニングと名前を出せば人が集まる様ですが、 加圧トレーニング本来の効果が出なければそれは詐欺にも等しい行為だと私は思います。

少なくとも私や私の周辺の施設ではそう言う事が無いようにありたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by kaatsu-master at 12:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック