2007年11月02日

加圧トレーニングと心の働き

《加圧トレーニングと心の状態》

加圧トレーニングをすると心の動きに変化が起こる。
これは自分のトレーニング経験から随分以前から考えていた事でした。
私は自分の鬱(うつ)の体験から、特に体と心の関係について、随分時間を割いて学んできましたし、 心への働きかけによって体に大きな変化が起こる(※具体的には暗示や催眠など)と言うことを臨床的も使ってきました。

そんな経験から例えば鬱状態の時に、 タイミングがよければ適度な運動の刺激が症状を改善させると言う事も自分や他人の事例を通して知っているつもりです。
しかしこのタイミングと言うのが難しく、一つタイミングを間違うと鬱の症状を悪化させる事もありえる訳です。

そこで鬱とまでは言いませんが、何らかの形で不安を抱える何人かの人に対して、加圧トレーニングを行う前と後に不安度を測り、 比較して見ることにしたのです。
細かい事は省略しますが、その結果加圧トレーニングを行う前と後では不安の種類にもよりますが、不安の度合いが下がっている事が判りました。
そこで事例は少なかったのですが、その結果を予備研究として2006年の日本加圧トレーニング学会で報告しました。
そうしたら同じ時期にやはり鬱の治療に加圧トレーニングを使っていると言う医師の講演もあって驚きました。

何故加圧トレーニングの後で不安度が下がるのかはよく判りません。
急激に増えた血液中の成長ホルモンが脳内の不安物質に働きかけているのかも知れませんし、 或いは短時間で高い容量に匹敵する運動を与える事そのものが脳に影響をしているのかも知れません。

私が鬱から抜け出したきっかけは交通事故でした。
その時は3年越しの鬱を抱えながら仕事をしていましたが、車の運転中に誤って崖から転落し、 九死に一生を得た事がきっかけで鬱から抜け出たと言う体験があるので、 肉体に与えられる衝撃的な刺激が鬱状態を改善すると言う可能性があると思っています。
そこで加圧トレーニングをうまく活用する事で鬱が治るか、もしくは治るきっかけになるのではないかと考えています。

その後も継続して加圧トレーニングと不安の関係についてを追いかけて見たかったので、中期的な調査を企画し調査に入りましたが、 途中で起こった予期せぬアクシデントに挫折し、この調査は中断してしまいました。

その後加圧トレーニングと精神に関する研究をされる医師の方が現れて、この調査を大学や病院などで続けていただければと思います。

心の問題に関心の無い方には判り難いかも知れませんが、ある特定の運動的な刺激を与える事で精神的な不安や鬱状態が改善されるとすると、 今社会的に増加している鬱症状を抱える人達や、 或いは不登校やいじめなどにさらされる大人と子供達の心と命を救う事が出来るかも知れないのです。

 

 

 

 

 

 

posted by kaatsu-master at 12:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック